両立相談プロジェクト

HOME両立支援プログラム > 両立相談プロジェクト

研究者のワーク・ライフ・バランス実現のために,協力機関の教職員も参加できる形態のロールモデル交流会やワーク・ライフ・バランスに関するセミナー等を開催します。

また,共同実施機関の研究者が利用できる両立相談体制を整備します。

ワーク・ライフ・バランスの推進

男女共同参画の観点からワークを通して考える参加型セミナー等を開催します。また,ロールモデル交流会やワーク・ライフ・バランスに関するセミナー等を実施し,職場の意識啓発と意識改革を推進します。

また,ライフイベントと研究との両立のために,両立をサポートする制度や情報などを積極的に紹介します。

健康教育の推進

研究を継続するためには,健康であることが大前提となります。大学の保健管理センターと共同して,見過ごされがちな健康の維持増進のための健康教育や注意喚起などを行います。

また,生活習慣病の予防やメンタルヘルス等々,適切な自己管理を勧めるための健康教育を推進します。

生涯にわたる女性の健康支援

妊娠出産する身体的機能をもつ女性には,男性と異なり,女性ホルモンの変化による心身の不調がおこりやすい特徴があります。研究者であっても,リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖の健康と権利)の観点から,女性が子どもを産む・産まない,いつ・何人子どもを産むのか等,性と生殖に関して女性自身が意思決定できる環境が重要です。

そこで,女性の各ライフステージに起こりやすい健康問題や悩み等に対し適切に自己管理できるように,また,男性が女性の身体的特徴を理解できるように,男女を対象とした健康セミナー等を開催します。



Top

Site Map