イベント情報

HOME > イベント情報

「ダイバーシティ事業シンポジウム」を開催します。【終了しました】

平成29年度ダイバーシティ事業シンポジウム「職場環境のダイバーシティ推進 −女性研究開発者の活躍に向けて−」を開催します。
大学・研究機関・企業等には、働き方改革を促進し、特に、研究開発に携わる女性を増やすことが求められています。本シンポジウムは、女性研究開発者の増加と活躍に向けて、「研究環境のダイバーシティ」を推進する意義を、皆様と共有することを目的として開催するものです。

日  時:2017年12月12日(火)13:30〜16:00
場  所:新潟大学 五十嵐キャンパス 附属図書館
     ライブラリーホール
基調講演:國井 秀子氏
    (芝浦工業大学 学長補佐・男女共同参画推進室長)
事業報告:新潟大学、株式会社タケショー
対  象:どなたでも参加できます
申込方法:@所属 A参加者名 B連絡先 C託児の有無 を
     メールまたはFAXにてお知らせください。
E-mail: gender@adm.niigata-u.ac.jp FAX : 025-262-7572
申込締切日: 12月5日(火)

UP

「WLBロールモデルセミナー&交流会」を開催します。【終了しました】

日 時:2017年11月22日(水)17:00〜18:00
場 所:新潟大学五十嵐キャンパス 男女共同参画推進室プレイルーム
講 師:高橋秀樹 副学長
    男女共同参画推進室副室長 
    人文社会・教育科学系 教授
対 象:学内の方のみ
テーマ:「自分らしい時間の使い方
     〜教育・研究・管理運営をどうやりくりするか〜」


身近な研究者のロールモデルから経験談をお聞きし、ご自身のワーク・ライフ・バランス(WLB)について考えてみませんか。多様な選択やWLBの実現方法を知っていると、自身が同じ状況になった場合に一つの道標となります。

UP

管理職FD「女性教員を増やし、定着させ、活躍させるために何ができるか」を開催します。【終了しました】

日  時:2017年11月17日(金)13:30〜15:30
場  所:新潟大学 五十嵐キャンパス 事務局棟4階 第1会議室
基調講演:佐々木 成江 氏(名古屋大学 准教授)

前半の講演(13:30〜14:30)のみ、本学管理職以外の参加が可能です。聴講を希望される方は男女共同参画推進室までご連絡ください。
E-mail: gender@adm.niigata-u.ac.jp FAX : 025-262-7572

UP

「モヤモヤ解消!自分らしい子育てと仕事の両立を考えるセミナー」を開催します。【終了しました】

ダイバーシティ事業の共同実施機関であるタケショーよりセミナーのお知らせです。「モヤモヤ解消!自分らしい子育てと仕事の両立を考えるセミナー」を開催します。

日 時: 平成29年11月15日(水)10:00〜15:00
会 場: 新潟ユニゾンプラザ 小研修室2
対 象: 仕事をされている方で、これから結婚、出産をお考えの方、
    または予定されている方、子育てと仕事の両立に悩んでいる方
申込み: 株式会社タケショー 管理部
     @所属 A参加者名 B連絡先 を
     明記して下記までご連絡ください。
E-mail: info@takeshofood.co.jp
TEL : 025-278-2001 FAX : 025-278-2108
申込締切日: 11月8日(水)

UP

パワー・ハラスメント防止セミナー「パワハラ防止のためのアンガー・マネジメント」を開催します。【終了しました】

日 時: 平成29年10月20日(金)16:10〜17:30
会 場: 新潟大学五十嵐キャンパス 産学連携共同研究棟2号棟1階
     サイエンティフィック・ビジュアライゼーション室(114室)
対 象: どなたでも参加できます
参加費: 無料
講 師: 小林 浩志 氏
     社会保険労務士法人・行政書士 こばやし事務所代表
     公益財団法人21世紀職業財団ハラスメント防止研修客員講師
     著書『パワハラ防止のためのアンガー・マネジメント入門』

申込方法:@所属 A参加者名 B連絡先 を
     メールまたはFAXにてお知らせください。
E-mail: gender@adm.niigata-u.ac.jp FAX : 025-262-7572
申込締切日: 10月17日(火)※当日参加も可能ですが、
       資料準備のため、なるべく事前にお申込みください。

アンガ―(怒り・イライラ)・マネジメントとは、「怒りと上手に付き合う」ための心理教育手法です。良好なコミュニケーション力を培い、一人一人が安心して働き、持てる力を最大限に発揮できる職場とするために、アンガ―・マネジメントを学んでみませんか。

UP

共同実施機関潟^ケショーにて「TDS・CATAワークショップ」を開催します。【終了しました】

昨年ご好評いただいた「QDA法ワークショップ」に続き、
今年も<官能評価>をテーマにしたワークショップを開催します。

日 時:【1日目】2017年9月14日(木)13:00〜17:00
    【2日目】2017年9月15日(金)9:00〜16:30    
場 所:潟^ケショー (新潟市北区西名目所5503番地1)
講 師:吉田 浩一氏(アルファ・モス・ジャパン絵M)
    木村 大介氏(ジボダンジャパン潟}ネージャー)
対 象:民間企業、大学等教育機関の研究、開発、品質管理、
    品質保証部門の担当者(両日ご参加いただける方)
申込み:潟^ケショー 管理部
    @所属 A参加者名 B連絡先 Cお弁当の希望 を
    明記して下記までご連絡ください。
E-mail:info@takeshow.co.jp
TEL : 025-278-2001 FAX : 025-278-2108
申込締切日: 9月8日(金)




食品などの商品開発における官能評価は、多くのメーカーや企業で実施されている
ものの、官能評価の手法やデータの扱い方は様々で、その活用に悩まれている方も多く
いらっしゃるのではないでしょうか。今回は、官能評価手法である「TDS(Temporal dominance of Sensations)」と「CATA(check all that apply)」を同時に学び、体験いただけるワークショップを開催します。TDSやCATAについて知りたい方、日頃感じる官能評価にまつわる悩みを相談したい方等、参加無料ですので、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

UP

研究力向上ワークショップ「研究の視点を広げよう〜Sustainable Development Goals をテーマとして〜」【終了しました】

日 時:2017年8月4日(金)16:30〜18:30

場 所:新潟大学 五十嵐キャンパス
総合教育研究棟 D棟1階 大会議室

ファシリテーター:
市岡 利康 氏
(国立研究開発法人科学技術振興機構 国際部 上席主任調査員)
対 象:研究・開発に携わる方(企業や行政機関の研究者、大学の職員、医員、大学院生など)

申込方法:@所属 A参加者名 B連絡先 C託児の利用の有無 をメール又はFAXにて
お知らせください。

国連の掲げる「SDGs:持続可能な開発目標」をトピックとした、異分野の研究者との
交流を通して、ご自身の研究が社会に貢献する可能性について考えてみませんか。

UP

「博士講演会&交流会(自然科学系分野)」を開催します。【終了しました】

日 時:2017年6月12日(月)16:30〜18:00
場 所:新潟大学 五十嵐キャンパス
    中央図書館 1階 ライブラリーギャラリー
講 師:
   ガムラ・リファイ氏(自然科学研究科 材料生産システム専攻)
   ミルラン・ダイウロフ氏(自然科学研究科 環境科学専攻)
   渡辺日香里氏(自然科学研究科 数理物質科学専攻)
   今井大達氏(自然科学研究科 生命・食料科学専攻)
対 象:本学の学部学生・大学院生

進学して研究を続けていけるか、就職はどうなるのかなど、不安なことを、実際に 大学院に進学した先輩たちとお茶を飲みながらお話してみませんか?
ゲスト講師4名による講演後、4名それぞれのテーブルに分かれて、 フリーディスカッションを行う予定です。

UP

「ダイバーシティ事業・制度利用者交流会」を開催します。【終了しました】

日 時:2017年3月28日(火)13:00〜14:00
場 所:医歯学総合病院西病棟3階 第2会議室
対 象:ダイバー事業において運用する各種制度の利用者、
    ダイバー事業の制度に関心のある本学教員・医員・大学院生
申込方法:@所属 A参加者名 B連絡先をメール又はFAXにて
      お知らせください。(当日参加も可能です)

ダイバーシティ事業の支援制度を利用した方々による利用報告と意見交換会を行いました。支援制度の1つである「研究補助者の雇用」を利用したこと で、●家族と過ごす時間が増えた、●論文を出すことができた、●研究を補助する学生の英語力が向上した、など嬉しい報告が多々ありました。また同 時に、支援制度に対する要望など貴重なご意見をいただき、今後の制度を見直す良い機会となりました。

UP

「ワーク・ライフ・バランスセミナー&交流会」を開催します。【終了しました】

日 時:2017年2月27日(月)17:00〜18:00
場 所:医学部保健学科 B42講義室
講 師:有森 直子先生
   (大学院保健学研究科 母性看護学・助産学 教授)
対 象:学内教員、大学院生、学部生、連携・協力機関の職員、
    その他、関心のある方。
参加費:無料
申込方法:@所属 A参加者名 B連絡先をメール又はFAXにてお知
      らせください。
申込締切:2017年2月24日(金)※当日参加も可能です。

8名の参加があり、有森先生の教育・研究活動と介護との両立について、体験を交えたお話を伺いました。参加者自身のワーク・ライフ・バランスについて考える良い機会となりました。

UP

「英語プレゼン研修〜はじめての国際学会」を開催します。【終了しました】

日 時:2017年2月22日(水)17:00〜18:30
場 所:新潟医療人育成センター2階 セミナー室1
講 師:近藤 英作先生(医歯学総合研究科 教授)
対 象:若手・女性研究者、大学院生、学部生(一般参加も歓迎)

学内外から66名の参加がありました。英語プレゼンテーションのテクニックや、国際学会発表の準備方法などを分かりやすく学ぶことができ、大変好評でした。

UP

「URAランチョンセミナー」を開催します。【終了しました】

対 象:若手・女性教員・大学院生
(1)旭町キャンパス
   日 時:2017年1月27日(金)12:00〜12:50
   場 所:医療人育成センター2階 カンファレンス室1
(2)五十嵐キャンパス
   日 時:2017年1月31日(火)12:00〜12:50
   場 所:附属中央図書館A棟1階 会議室

旭町キャンパスでは8名、五十嵐キャンパスでは4名の参加がありました。URAの皆さんから研究助成金などの申請書作成を指導していただいたり、よい良い申請書を書くためのコツなど外部資金獲得に向けたテクニックを直接お伺いすることができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

UP

「博士講演会・交流会(人文学分野)」を開催します。【終了しました】

日 時:2017年1月19日(木)16:30〜17:30
場 所:新潟大学五十嵐キャンパス 
    人文社会科学系棟B棟1階 B122講義室
講 師:張 文婷氏(事業創造大学院大学 助手)

14名の参加がありました。交流会では大学院進学や研究、就職、結婚や子どものことなど将来について、活発な意見交換が行われました。

UP

「ダイバーシティ事業シンポジウム」を開催します。【終了しました】

日 時:2017年2月13日(月)13:30〜16:30
場 所:新潟大学五十嵐キャンパス 附属図書館1階
    ライブラリーホール
来賓挨拶・講演:唐沢 裕之氏
 (文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策推進室長)
事業報告:新潟大学、株式会社タケショー
特別講演:山村 康子氏
 (科学技術振興機構 科学技術プログラム推進部 プログラム主管)
パネルディスカッション:
   「ダイバーシティ・マネジメントで女性活躍を推進する」
対 象:どなたでも参加できます

学内外から100名の参加がありました。行政、県内企業、高等教育機関等が一堂に会し、本事業の意義や女性研究者のワーク・ライフ・バランスをはじめとしたダイバーシティ・マネジメントに関する好事例等を学び合い、組織改革の具体的な知見を得ることができました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

UP

「ワーク・ライフ・バランスセミナー&交流会」を開催します。【終了しました】

日 時:2016年12月22日(木)16:40〜17:30
場 所:新潟大学五十嵐キャンパス 男女共同参画推進室プレイルーム
講 師:理学部 湯川 靖彦先生(自然環境科学科 教授)
対 象:学内の方のみ

9名の参加があり、「男性の育児と家事」をテーマに講師の方より体験談をお聴きし、各自のワーク・ライフ・バランスを考える大変よい機会となりました。

UP

共同実施機関潟^ケショーが「ワークスタイル構築セミナー」を開催します。【終了しました】

日 時:2016年12月7日(水)13:30〜16:30
場 所:朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 中会議室
講 師:後藤 綾子氏(カルビー株式会社 執行役員)
    渡邉 由子氏(三菱化学フーズ株式会社 第二事業部 部長)  
対 象:企業、大学等研究機関に所属される方
   (人事・総務・経営企画部門の方、当セミナーに関心ある方)

ダイバーシティ事業の共同実施機関である株式会社タケショーが、人材活用について先進企業の好事例を学び、強い組織を定着させることを目的としたセミナーを開催します。

UP

←前の頁 次の頁→



Top

Site Map